HOME

更新履歴(新着情報)

「グルメ」という言葉の正しい意味

皆さんは「グルメ」という言葉の意味について正しく把握されていますでしょうか。
美食を追及する人や、美味しいお料理と答えた方は残念ながら不正解です。

グルメとは「食通」、つまり食の専門家を指して本来用いられる言葉です。
それと美食家のどこが違うのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、食通とは食に対する知識に優れた人であって、値段や美味にこだわるわけではありません。
対して美食家はその料理の値段や味に価値を見出す人のことで、その料理に対する知識については二の次となります。
例えばワインの専門的な知識を有した人をソムリエと言いますが、このソムリエがグルメの一形態と言って良いでしょう。
では美食家はどのように言うかといいますと、こちらは「グルマン」となります。
言葉が似ているのも、混乱の一因なのかもしれませんね。

一方「グルメマップ」や「B級グルメ」などの用法に顕著に見られるように、日本ではお料理そのものに対しても「グルメ」の語を用いる傾向があります。
もっとも「グルメマップ」は「食の情報マップ」とも読み取れるのであながち間違いとも言い切れませんが、「B級グルメ」に関しては明らかな誤用であるといえます。
もっとも言葉は生き物ですから、この意味で定着、普及してしまっている以上どうしようもないのですが、とにかくこのような用法は本来の意味では誤用であるという点、知識として入れておいて損はないのではないでしょうか。

HOME